So-net無料ブログ作成

丸子の震え [丸子]

1週間前あたりから丸子が微妙に震えだした。


急に気温が下がってきたから寒がりの丸子には


この気温でも震えちゃうのかな?


IMG_9119.jpg


と思って、久しぶりに「おパジャマ」を着せてみたけど


やっぱり微かな震えが止まらない[犬][あせあせ(飛び散る汗)]


IMG_8859.jpg



でもt震えていない時間もあって、寒さのせいかアジソン病のせいかの


見極めがむずかしい。


7月に震えや多飲多尿でアジソンの薬の量を増やしてもらってまだ4カ月足らず・・・


たしかに水を飲む量もオシッコの回数も増えてきてるから


認めたくないけどやっぱりまたアジソン病の症状が出て来てるのかも。


IMG_0577.jpg


で、一昨日病院で検査してもらった。


やはり電解質の数値が下がっていたので、また薬の量をほんの少しだけ


増やしてもらって様子見をすることになった。


薬が大嫌いな丸子は、とにかく薬に敏感で


今までの量でも1日2回おやつに仕込んで誤魔化してあげるのにヒヤヒヤなのに


また量が増えてしまった[ふらふら]


ここのところ私が薬仕込んだおやつをあげると、じーーーっと見て


プイと横を向くので、とーやんに薬係を頼んでます(~_~;)


私があげたご飯すら(薬入ってないのに)疑ってかかっていて


食い散らかしてますww[たらーっ(汗)]


IMG_9567.jpg


早く体調に合った薬の量で震えが止まりますように・・・



このマークをポチっとして頂けたら嬉しいワン[るんるん]


にほんブログ村









北海道から巴里タイがやってキター! [丸子]

ちょっとした(いや、かなりだな)厄介事があり、


体調も気分も絶不調だったので、久しぶりのブログになってしまいました。


少し前のことになりますが、今月の7日に富士吉田で行われた


名付けて「巴里キャン(プ)」に丸子を連れて日帰り参加してきました。


お泊り組の皆はPICA(富士吉田のオートキャンプ場)の


近くの公園でワンコのガス抜きワッホイをしていたので


我が家もその公園を目指していたのですが


東名の御殿場アウトレット渋滞にモロにはまってしまったので


丸子のガス抜きは諦めてPICAへ直行。


公園帰りにBBQ用の買い出しをしていた皆より


一足先に現地に着いたので、ちょっくらお散歩してみた[犬]


IMG_2191.jpg


IMG_1733.jpg


そして、巴里キャンメンバーの皆もやってきて、やっと合流できた~[るんるん]


IMG_8078.jpg


IMG_6285.jpg



主役のタイガー君[黒ハート]


IMG_9013.jpg


この角度、丸子に激似ww[ぴかぴか(新しい)]


まずはご挨拶~ どもども。私が丸子です。


IMG_8254.jpg


そりじゃ、お次は僕ちんもクンクン~(笑)


IMG_8540.jpg


と、ここまではなかなかいいムード[ハートたち(複数ハート)] でしたが・・・


IMG_2543.jpg


ランにあったボールの取り合いで、、、


IMG_4726.jpg


やっちゃいました、マジガウガウww[ふらふら]


丸子はオヤツとおもちゃが絡むと弱いくせにヤクザ犬に豹変しちゃうんです[犬][ドコモ提供]


タイガー君、巴里子さん、ごめんねー![もうやだ~(悲しい顔)] 


取っ組み合いしてる2匹。[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]


たまたまタイちゃんの首輪とシャツの首元が掴めて、そのままひき剥がし成功。


タイちゃんに怪我が無かったようで本当にヨカッター[ふらふら]


丸子は洋服の右肩の所に穴ぼこ開いてたのでヒヤリとしたけど、


血もついてなく、薄らピンクの跡があっただけ。よかった~[ダッシュ(走り出すさま)]


すぐに塗り薬を貸してくれたハナちゃんママ、ありがとー[exclamation×2]


本当に助かりました[ぴかぴか(新しい)]


そんな丸タイ事件とは関係なく、JRT軍団と一緒にPICA内のドックランを楽しんでいた


黒ラブちゃんは、時にはモジャ君に恋をして

IMG_0283.jpg


時には、まー坊とドスコーイ!してました(笑)


IMG_3426.jpg


そして、いよいよお楽しみのBBQ~♪ (オリジナルピザを作成中のニナさんの手が写ってます)

IMG_9934.jpg


キャンプに慣れてる、まー坊家、ぐり家、パックン家、ヤッタ家、花ちゃんママの


みなさんが着々と準備を進めてくれて(実は私はBBQ初体験!)


カッコよかったです[ぴかぴか(新しい)]


日帰りの我が家は何を用意したらいいのかよくわからなかったので


厚木名産のトン漬けと、以前B1でグランプリを獲ったシロコロを持参しました。


大きな鉄板に次々と材料が乗っけられ、焼ける音といいニオイに気分はアゲアゲww


IMG_8878.jpg


一旦ヤッタさんに鉄板持ってもらって

IMG_5320.jpg


ぐりさんがホイルに包んだじゃがいもやカボチャを設置


IMG_3930.jpg


このじゃがいももカボチャもホクホクで美味しかった~


IMG_8442.jpg


パックンねーちゃんが作ってくれたスパムサンド(すぐに食べちゃって写真撮り忘れてたー[あせあせ(飛び散る汗)])や
ニナさん特製もちピザも超美味しかったー[黒ハート]


シロコロもトン漬けもなかなか好評だったのでホッと一安心♪


ちなみに、食事が済むまでワンコらは別棟に繋がれていたり、


ゲージに入っていたり。 丸子はリュックにおとなしく?入っててくれました。


IMG_6913.jpg


そしてデザートに北海道の名菓やフルーツ、ロールケーキ等々までいただいて


IMG_4916.jpg


お腹パンパンになりながら、同じく日帰り組のふっちぃさんとるぅ君と一緒に


帰路につきました。


が。。。


なんと、東名で故障車や追突事故などが3か所もあり大渋滞[がく~(落胆した顔)]


IMG_6475.jpg


なんとふっちぃさん宅着くまでに5時間もかかってしまいましたww


これじゃ電車で帰った方が断然はやかったね[たらーっ(汗)] 


一緒に帰ろうなんて誘って悪かったなぁ、ごめんねー[ふらふら]


渋滞にハマりっぱなしの一日でしたが、


巴里キャンに参加させてもらえてよかったー[ぴかぴか(新しい)]


実に楽しかったー[ハートたち(複数ハート)] 


ご一緒させていただいた皆様、本当にありがとうございました!


そしてご馳走様でした[exclamation]


うちもキャンプ用品、少しずつ集めようかな~♪



おまけ。

急いで一夜漬けで作ったから、資料の写真もあまりなくてフェルトの色も足らなくて

何だか子供の夏休みの絵日記みたいな構図だけど、

ラッキー&タイガーのワッペン作ってみました。


IMG_4960.jpg


大仏君は省略しちゃった。

IMG_2433.jpg


本当はこの空の青さと雲を表現したかった~
IMG_6983.jpg

巴里しゃん、こんなワッペンでごめん!また機会があったらリベンジするからね。


さぁ、いつまでも落ち込んでばかりいないでワッペン屋を始動しなきゃ p(^o^)q


このマーク[左斜め下]をポチっとしていただけたら嬉しいワン[ぴかぴか(新しい)]


にほんブログ村

丸子の病気 [丸子]

丸子は2009年5月27日、宮崎市生まれ。


我が家からわりと近いペットショップでジャックラッセルの女の子を希望したところ


ネットで全国の支店に居るジャックの中から選んでください、というやり方のお店だった。


何日も画面と睨めっこして夫が決めたのが、


左目の周りにパンチ跡のような柄の耳がヨーダみたいな子だった。


目の周りに丸い跡、と言うことで名前は「丸子」。


IMG_9354.jpg



丸子は我が家に来てすぐ咳を良くするようになり、初めてかかった病院で


ケンネルコフと診断された。


その後は1歳を過ぎるまではすくすくと育ってくれた。


IMG_0614.jpg



1歳半になった頃に体調を崩し嘔吐下痢を繰り返した。


ケンネルコフの時からの掛かりつけだった病院に午前中に連れて行き


下痢止めの注射と、飲み薬をそのば場で飲まされて帰宅をした直後、


嘔吐と大量の下血をした。  まるで赤ワインの瓶を1本割ってしまったかのような


血の海の中に丸子がいて、身体が震えたのを覚えている。


慌ててかかりつけ医に電話したら「さっき注射してるし午後の診察時間になったら連れてきて」と。


その時に大変心強かったのがやり始めて間もなかったTwitterのフォロワーの


皆さんのアドバイスや励ましの言葉でした[もうやだ~(悲しい顔)][ぴかぴか(新しい)]


一刻も早く違う病院に!! のアドバイスに背中を押され、総合病院的な地元では大きな病院で診てもらい


急性膵炎との診断でその日を含め1週間以上点滴に通った。


その後も月に1度は必ず体調を崩しては、点滴と注射を繰り返していた丸子。


慢性膵炎、と言われていたが1年もそんな状態が続いた頃に


先生に慢性膵炎じゃないのかな、、、と言われたことがあったが


今度また体調崩すようならもっと大きな病院で検査入院した方がいいかも、と。


この病院ではわからないんですか?と聞いてもこれ以上のことは無理、と言われてしまった。


そして、そんなことを言われたひと月後の年末に


丸子が異常にガタガタ震えだした。 食も細かったから痩せてて寒さが身にしみてるのでは?と


夫は言っていたのだが、重ね着させても一日中震えてるし


何より水を異常に飲んでおしっこも大量にしていた。


絶対におかしい!と思い、お正月があけてすぐに


今度は少し遠いが先代犬がお世話になっていた病院に行くことにした。


向かう道すがらTwitter で丸子の症状を書いたら、アジソン病のうちの子の症状に似てるから


先生にアジソン病も疑ってみるようにきいてみて、と教えて下さった方がいた。


今にして思えばこれは何という奇跡なんだろう!と大袈裟ではなく心底思う。


行った先の病院では様々な検査をしたが「アジソン病」の検査もかなり時間をかけてしてもらった。


先生が「よくアジソン病なんて病気に思いあたったね。医者でも知らない人結構いるよ。


長年病院やってるけど今までに3匹いただけの珍しい病気だし、アジソンってわからないまま


亡くなってる子も多いと思うよ。」と。 


とりあえずその日は、外部の検査機関に丸子の血液検査の依頼するから結果は明日話すから


また明日連れてきて、となり一旦帰宅した。


翌日、先生から「やっぱりアジソン病だったよ。 この病気がわかると一生高い薬飲ませられないから、って


ペットショップに返すとか保健所に連れていく、なんて人がいるけど、


私が薬を輸入するし、ずっと責任もって診てあげるから一緒にがんばろうね!」


と言ってくださって有難かったしファイトが出た。


それが今年のお正月の事。


丸子は今でも季節の変わり目やふとしたストレスで一気に体調が急変する。


そんな時はすぐに点滴。IMG_0269.jpg


以前、皮下点滴の液が足にたまってこんなになちゃった事があった。


IMG_3026.jpg


それも、心配ないよ、ってTwitter のフォロワーさんがおしえてくれた[ハートたち(複数ハート)]


IMG_3227.jpg


こんな感じにだるそうにしてる丸子を見てるのは辛いけど、


私たちにアジソン病の事を教えてくれた 


千葉のまさこさんちのちび兄ちゃんも頑張ってるんだもの[犬][exclamation]


丸子も頑張らなきゃね[犬][手(グー)]


IMG_0789.jpg


今日は長文で大変失礼いたしました[あせあせ(飛び散る汗)]


そんな丸子を見守りながら今日もチクチクわっぺん作りをがんばります[手(チョキ)]



このマーク[左斜め下]をポチっとしていただけたら嬉しいワン[るんるん]



にほんブログ村














この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。